「夫はミイラ化した状態で発見されました」 「明石家サンタ」の「失踪話」に新たな展開

印刷

   2015年末に放送されたバラエティ番組「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー」(フジテレビ系、以下「明石家サンタ」)の視聴者電話コーナーで飛び出した失踪話に、「進展」があったようだ。

   「主人が行方不明になって2か月経ちます...」――4か月前、番組にそう連絡してきた女性が「夫の遺体発見」をツイッターで明かしたのだ。

  • 夫は失踪してから約半年後に見つかった(画像はイメージ)
    夫は失踪してから約半年後に見つかった(画像はイメージ)

さんま「すいません、不幸すぎます」

   「進展」がツイッターで報告されたのは、2016年4月11日だった。

「家から直線120メートル程の所で、山菜摘みに山に入った方が発見して下さいました。 半年近く経ち、ミイラ化していましたが、戻ってきて良かった」

   女性は発見時の状態を説明し、淡々と心境を綴った。

   番組に連絡して以来、女性は「実名」で登録したと思われるこのツイッターアカウントを使って、頻繁に夫の捜索を呼びかけていた。千葉県内の交番に張りだされた捜索願の写真や、失踪当時に夫が持っていたバッグの写真など、夫にまつわる情報を投稿し続けていた。

   「失踪」が広く知られたきっかけは、15年12月24日放送の「明石家サンタ」だった。同番組は、お笑いタレントの明石家さんまさんとフリーアナウンサー・八木亜希子さんが、電話で視聴者から笑える「不幸話」を聞くという内容。

   寄せられた「不幸話」をさんまさんがイジって笑いに変える中、女性が寄せたエピソードにスタジオの空気が凍りついた。ちょうど番組開始から1時間半が経とうとしていた頃だった。

「主人が行方不明になって2か月経ちます...」「原因がわかんない...」

   突然の告白に戸惑い、「え?行方不明?」と受話器越しに聞き返すさんまさん。

「(警察は)探してくれているとは思うんですけど、まったく目撃がなくて...」

   警察に届け出ているが、手掛かりなく行きづまっている。少しこもり気味の声から、切迫感と悲壮感が感じられた。これまでの時間帯、笑って済ませられる話題が多かっただけに、さんまさんも「すいません、不幸すぎます...」という言葉しか出てこない。その後、女性は「本名」を明かし、上述のツイッターアカウントを検索するよう視聴者に呼びかけた。

「重すぎて笑えない」「放送事故」と話題に

   スタジオを一気に重苦しい空気が包む。雰囲気を変えようとしたのか、電話を切って提供クレジットが出た直後、さんまさんは「誰や(このネタ)選んだやつ!」と番組スタッフへの不満をつぶやいた。

   ネット上でも「重すぎて笑えない」「放送事故だ」との声が寄せられ、当時話題となった。

   あれから約4か月、夫は変わり果てた姿となって女性のもとへ戻ってきたようだ。夫の死を報告した16年4月11日のツイート以降、14日16時までに新たな更新はない。

   ただ、事情を知るツイッターユーザーからは

「ご冥福をお祈りします」
「気にかかっていました。お帰りなさい」

と追悼の言葉が寄せられている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中