円楽師匠よ、不倫の場所なぜ錦糸町? 3時間4500円は「大御所なのに夢がない」

印刷

   写真週刊誌「フライデー」に報じられた三遊亭円楽(66)さんの「老いらくの恋」。ネットの一部で注目を集めているのは、「不倫の事実」そのものよりも「ご休憩」に使った場所と料金だ。

   フライデーの報道によれば、円楽さんと不倫相手の40代女性は、「銀座」で昼食を食べた後、タクシーで「錦糸町」のラブホテルに向かったという。ホテルの料金は3時間4500円(サービスタイム価格)だった。ネットではこんな声が飛ぶ。「大御所なのに夢がない」。

  • 報道陣からのツッコミに円楽師匠もタジタジ(16年6月10日撮影)
    報道陣からのツッコミに円楽師匠もタジタジ(16年6月10日撮影)

サービスタイムで通常より500円安い

「銀座で会って錦糸町のホテルって何でだよ」
「おしゃれに銀ブラした後に錦糸町って。もっとオシャレなホテル使ってよ」
「円楽さん...錦糸町ラブホの親しみあふれる感...」

   今回の不倫が報じられた直後から、ツイッターやネット掲示板にはこんなツッコミや揶揄する声が相次いだ。なかには、「大御所なのに夢がない」「お金持ってるのにケチくさいなぁ」といった指摘まで出ていた。

   実際、似たような疑問は、ネットユーザーだけでなく「同業者」からも出ていたようだ。円楽さんは6月10日に開いた謝罪会見で、落語家の春風亭小朝さんに「銀座で遊んで、『なぜ錦糸町なの?』って電話で言われた」と明かし、会場の笑いを誘っていた。

   会見では、ホテルの場所や価格についての「イジり」も報道陣から飛んだ。

   「もう少し高級なホテルで会ったことは?」との質問に、円楽さんは「記憶にないなあ」と冗談めかして回答。サービスタイムで通常より500円安い値段でホテルを利用したことについては、「彼ら(フライデー)もよく時間を見てるねえ」と苦笑気味に話していた。

   また、記者会見の会場が都内でも有数の一流ホテルだったことから、円楽さん自身も「錦糸町と●●ホテル(編注・会場の名前)じゃえらい違いだね」と自虐気味にポツリ。会場は大きな笑いに包まれた。

不倫現場は出身中学から200メートルの距離

   「錦糸町のラブホテル」を利用した理由について、「墨東(現在の墨田区)の生まれで、土地勘があるから」などと説明していた円楽さん。確かに錦糸町とは縁深いようで、今回利用したラブホテルと円楽さんの出身中学は、直線距離で200メートルに満たない距離にあった。

   こうした距離感に気づいためざといファンからは、

「地元ってのが粋だよなあ」
「ちょっと土地感活かし過ぎだろう」
「地元にお金を落とすとは、さすが円楽師匠」

などと、なぜか感心する声もネット上には寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中