レディー・ガガへ「中国語の罵倒」が殺到 「ダライ・ラマと面会」でブチ切れ

印刷

   米人気歌手のレディー・ガガさんが、訪米中のチベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世と対談する様子をインスタグラムやツイッターで公開し、「炎上」状態になっている。

   対談では特に政治の話題は出なかったが、中国人の反発を招いたようだ。批判コメントも中国語のものが多く、対談に反発した中国当局がガガさんの「締め出し」を図っているという報道もある。

  • レディー・ガガさんがインスタグラムにアップロードした写真。2万4000件以上コメントが寄せられ「炎上」状態だ
    レディー・ガガさんがインスタグラムにアップロードした写真。2万4000件以上コメントが寄せられ「炎上」状態だ

対談はスピリチュアルな話題が大半だったが...

   ガガさんとダライ・ラマは2016年6月26日(現地時間)、米インディアナポリスで行われた討論会で意見交換した。フェイスブックでも20分近い対談の動画が公開されている。それを見る限りでは、ダライ・ラマは「他者を思いやる心」(compassion)の重要性や冥想のあり方など、精神的側面から議論を展開。チベットや中国政府に関する話題は出なかった。だが、中国にとってダライ・ラマは「チベット分離主義者」。面会するだけでも中国からの風当たりは強かった。ガガさんは面会後に

「世界を前に進めるには希望が不可欠」

という1文とともに、ダライ・ラマと握手する写真をインスタグラムなど複数のソーシャルメディアに公開。普段はガガさんの書き込みにつくコメントは多くても数千件だが、握手の写真には2万4000件のコメントが殺到。その大半が

「恥を知れ」
「嫌いになった」
「中国市場のことを考えるのであれば、ダライと手を結ぶことは、決していい結果をもたらさない」
「ダライラマは宗教を政治利用している」
「中国をバラバラにしようとする企ては決して成功しない」

といったもので、英語と中国語が半々といったところだ。

環球時報、面会は「市場開拓と知名度の向上には逆効果」とけん制

   香港のアップル・デイリーなどは6月27日、中国共産党中央宣伝部が国内メディアに対して、ガガさんの楽曲を使わないように指示したと報じた。それによると、中央テレビ、環球時報、人民日報など中央のメディアに対して、チベット独立勢力に対する対決姿勢を鮮明にすることも求めたという。

   こういった通知も影響しているのか、中国共産党系の「環球時報」(電子版)は6月29日、ガガさんに批判が殺到していることを紹介。ネット上の声について

「今後、中国でコンサートを開くことができないとみるネット利用者もいる」

と紹介しながら、

「一部の西側のアーティストやビジネスマンはダライ・ラマに会いたがるが、これは人々を見下すような行動だ。このような行動は中国人民の反感につながり、市場開拓と知名度の向上には逆効果になる」

などと論評した。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中