三宅洋平氏、アッキー仲介で首相と通話 「懐柔された」「いや行動力ある」と論議

印刷

   参院選に出馬して政権批判を展開したミュージシャンの三宅洋平さん(37)が、安倍晋三首相夫人の仲介で首相と通話したことが物議を醸している。「屈服したのではないか」との声も出たが、本人は、「俺は俺だ」と意に介していない様子だ。

   「三宅洋平さん、公邸でお待ちしてます!」。きっかけは、安倍昭恵さんが参院選投開票翌日の2016年7月11日にフェイスブックでこう呼びかけたことだ。

  • 安倍首相と通話したと明かす
    安倍首相と通話したと明かす

「国を思い世界を憂う国士として同じ」と伝える

   三宅さんと言えば、東京選挙区から無所属で立候補し、自民党の改憲草案を非難して、もし与党が3分の2以上の議席を取れば危ないと盛んに訴えた。脱原発や富裕税なども唱え、音楽を取り入れた「選挙フェス」を渋谷などで行って話題を集め、25万票余も得たが落選している。

   そんな三宅さんに呼びかけた理由として、昭恵さんは、「どんなに甘いと言われようが、バカだと言われようが、私はどんな人とも仲良くなれると信じている。世界が平和になるためには、まずは日本のなかが、心ひとつに」と説明した。

   三宅さんは、その日のうちにツイッターなどで、昭恵さんから公邸に招かれたことを伝えた。これに対し、三宅さんの支持者からは、「知名度が上がる」「いや長いものに巻かれてしまう」と賛否両論になった。しかし、三宅さんはその後、「自民党の立場からも、憲法について考える」などと出版物を通じて勉強中であることを明かし、招待に応じることを示唆した。そして、2人の7月18日の投稿によると、知人を通して連絡し合い、公邸ではなく池袋のバーで前日に2人が会った。

   そこで、昭恵さんの携帯電話で安倍首相とも話したとし、三宅さんは電話口で、「立場は各々ながら、国を思い世界を憂う国士として同じ気持ちだと思っています。選挙では多少口を荒らしましたが、失礼します」と話しかけた。これに対し、安倍首相は「大丈夫です、それが選挙ですから」と気にしない考えを伝えてきたそうだ。

三宅氏は「俺は俺だ」「ほだされることはない」

   安倍昭恵さんも、このときのことをフェイスブックで書いており、「みんなちがって、みんないい。なんで多くの人が、三宅洋平を熱烈に支持するのか、わかったような気がします」と三宅さんを持ち上げた。そのうえで、「ここから何かが始まるかも・・・」と意味ありげなフレーズで締めくくっている。

   ネット上では、三宅さんには行動力があるとし、「お互いの意見を交換する事は素晴らしい」「こういう風に認めあえる世界になるといいな」と共感する声が書き込まれた。また、首相との仲立ちを務めた昭恵さんについて、「フットワークの軽さがすげえよな」と賞賛する声も相次いだ。

   一方で、三宅さんの支持者らからは、首相サイドに屈服したのではないかと落胆の声も続々と寄せられている。

「三宅洋平を純粋な気持ちで応援した主に若者たちを裏切る行為だ」
「安倍陣営からの『懐柔策』を無防備に受け入れるのは無知から?」
「これでは相手が何枚も上手に見えてしまう」

   三宅さんは、自らの行動を糾弾する向きには、「いくらでも幻滅すればいい( ^ ^ )/□ 俺は俺だから」などと説明し、気にしないようにしている素振りを見せた。ただ、「私は間違っても自民党改憲草案にほだされるような事はありません」との考えも示した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中