コンビニバイト作家が芥川賞受賞 直木賞も決まる

印刷

   第155回芥川賞と直木賞の選考会が2016年7月19日に都内で開かれ、芥川賞は村田沙耶香さん(36)の「コンビニ人間」、直木賞は荻原浩さん(60)の「海の見える理髪店」が選ばした。

   村田さんは千葉県出身で、03年に「授乳」で群像新人文学賞優秀作を受賞し作家デビューし、「ギンイロノウタ」「しろいろの街の、その骨の体温の」などを発表した。芥川賞候補となったのは今回が初めてで、見事に受賞した。作品の主人公はコンビニでアルバイトをしている36歳の独身女性で、村田さん自身も週3日のペースでコンビニのアルバイトをしている。

   荻原さんは埼玉県出身で、広告制作会社勤務の後、フリーのコピーライターとなり、1997年に「オロロ畑でつかまえて」で小説すばる新人賞を受賞して作家デビューした。「明日の記憶」「愛しの座敷わらし」は映画化され、5回目の候補で直木賞を受賞した。 受賞作は6つの作品の短編集で、夫婦や家族をテーマにしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中