小倉優子は男見る目なかったのか 不倫夫の第一印象「遊んでるな」

印刷

   「美容師さんだし遊んでるなと思ったけど、実はマジメで誠実」――。これは「ゆうこりん」こと小倉優子さん(32)が婚約報告時に語った現夫、菊地勲さん(45)の印象だ。

   だが、そんな夫に不倫疑惑が浮上した。2016年8月3日発売(首都圏など)の「週刊文春」がアイドル女性の自宅に通う様子を写真付きで報じている。

  • 第2子出産を控える小倉優子さん(写真は2009年撮影)
    第2子出産を控える小倉優子さん(写真は2009年撮影)

不倫相手、後輩タレントのブログは削除

   不倫相手とされるのは、小倉さんと同じ事務所に所属する馬越幸子さん(25)。癒し系ユニット「ユルリラポ」のメンバーとして活動している。記事によると、菊地さんは7月中、複数回にわたり馬越さんの自宅マンションに通っていた。

   28日に同誌の直撃を受けた際は不倫を否定したが、小倉さんの所属事務所は「馬越に聞き取りをしたところ、『ご迷惑をかけてすいません』と反省していました。今後の対応については、小倉の心情をいちばんに考慮して決めていきます」と回答したという。

   なお、馬越さんの公式ブログやツイッターはすでに削除され、所属事務所の公式サイトからも名前が消えている。事務所は事実上、不倫を認めたとも言えそうだ。

   小倉さんと菊地さんは2011年に結婚。翌12年には第1子となる長男が誕生した。かつては「こりん星からいちごの馬車でやってきた『りんごももか姫』」を自称する不思議キャラでブレークした小倉さんだが、出産後を機に「ママタレ」に転身。育児本や料理本を出版し、2014年にはベストマザー賞も受賞した。そして、16年6月には第2子の妊娠を報告したばかりだった。

   2人目の子どもで、安定期に入っているとはいえ、ただでさえ余計なストレスを避けたい時期に、夫の不倫疑惑だ。小倉さんの精神的ショックは計り知れない。

   小倉さんのブログは、不倫疑惑をめぐる「家族会議」があったと文春が報じている前日(7月29日)の更新を最後に止まっているが、コメント欄にはファンから応援コメントが殺到している。

過去には浮気彼氏や虚言癖彼氏のエピソードも

   小倉さんは菊地さんとの婚約を報告した2010年11月当時、情報番組「DON!」(日本テレビ系)の中で「美容師さんだし遊んでるなと思った」と第一印象を語っていた。

   菊地さんはSMAPのメンバーや氷室京介さんら著名人のヘアメイクを担当していることで知られるカリスマ美容師。年齢より若く見え、ルックスもいい。美容師という職業柄、女性の扱いにも慣れているだろう。

   しかし、小倉さんは実際に付き合ってみて「実はマジメで誠実」だと感じたと明かしていた。翌年の結婚会見では「どんなときも私を大切にしてくれる、優しさの塊みたいな人」とまでノロけてみせていた。

   ただ、最近ではバラエティー番組で夫への愚痴をこぼすこともしばしばだ。

   2015年6月の「ヒルナンデス」(日本テレビ系)では「主人が忙しくて家にいないから、寂しい」と告白。その際は「深刻な感じではない」「家族仲良く過ごしている」と後日ブログで釈明したものの、16年5月の「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系)では、「私がいっぱい不満を持っていて。夫がいつもいないとかでケンカが多かった」「最近は、もう夫はいないと思って生活している」と明かし、スタジオを驚かせた。

   思い返せば、過去には、彼氏が浮気相手に送ろうとしたメールが自分の携帯に届いたエピソードや、ウソばかり言う男性と付き合っていたエピソードなどを紹介したこともあった。菊地さんの浮気疑惑が事実だとすれば、今回の件でやはり「男運」「男を見る目」がないことが証明されてしまったのかもしれない。

   ネット上では同情論が多数を占める中で、「ゆうこりんって見る目なさそうだもんなー」「男運ないなーとおもってたけど」といった声も挙がっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中