東京五輪でも「入場券転売」? 「リオでIOC理事逮捕」にみる課題

印刷

   2016年8月21日、リオ五輪が閉幕した。IOCのバッハ会長は「大成功」と胸を張ったが、一方で入場券の不正転売など深刻な問題も表面化。それらは宿題となって五輪旗とともに東京へやって来た。

   和服姿の小池百合子・都知事がバッハ会長から五輪フラッグを受け取り、安倍晋三首相がマリオとなって土管から出てくるサプライズ。閉会式は2020年の東京大会へのバトンタッチを世界に示した儀式でもあった。

  • リオ五輪の宿題が東京五輪へ…。
    リオ五輪の宿題が東京五輪へ…。

アイルランド五輪委員会に割り当てられた入場券が...

   日本が獲得したメダルは41個。金12、銀8、銅21がその内訳で、金メダルは7位だった。メディアもファンも大いに盛り上がった。

   大はしゃぎにピリオドを打った後、どうしても気になる事件があった。IOC理事が逮捕された「入場券転売」である。アイルランドのパトリック・ヒッキーで、大会中にリオの警察当局に宿泊ホテルに踏み込まれて御用となった。

   取材記者が解説する。

「事件はアイルランド五輪委員会に割り当てられた1000枚の入場券が不当な高値で転売されたという内容です。英国のスポーツチケット販売会社が絡んでおり、この事件の余波は各国に影響するでしょう」

   アイルランド五輪委員会の複数の関係者も宿泊ホテルの捜索を受け、パスポートを押収されている。

   この五輪の入場券問題は、多くの大会で不透明さを指摘された過去がある。日本でも旅行会社が入場券を確保していないのに集客をしたり、ダブルブッキングをしたりするなどのトラブルがあった。

どうなる「ゴルフ」

   東京大会の入場券が大変な競争率になることは目に見えている。どのようにして一般ファンに販売するかはこれからのテーマだが、ネット販売も含め、10倍、20倍の価格で売られることもありうるだろう。

   旅行会社にとっても五輪イベントは商売になるチャンス。入場券獲得を見込んで、いわゆる見込み運転で客を集めることにもなる。詐欺まがいの事件も起こると想像できる。

   開会式や人気競技の入場券は五輪関係者が有利になることは、どんな国際大会をみても分かりきっている。ヒッキー容疑者のような不埒者が生まれる土壌はあるわけで、どさくさ紛れに何が起こるか、と思う。

   種目にも懸念がある。ゴルフに批判が集まっているのだ。リオでは世界上位の選手は出場を取りやめ、IOCの言うところの「五輪は世界のトップレベルの選手で争われる」とは裏腹の状態となった。

   今後、ゴルフ連盟はIOCから叱られ、そのうえで正式種目から外される恐れがある。東京はその意味で重大な大会となる。東京大会は様々な課題が持ち込まれたといっていい。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中