「ピコ太郎P」の古坂大魔王って誰? 「あの大人気番組に出演」のお笑い芸人

印刷

   謎のシンガーソングライター「ピコ太郎」の勢いが止まらない。意味不明だが中毒性の高いフレーズが国内外の若者に受け、「ペンパイナッポーアッポーペン」(PPAP)は2016年10月19日付の米ビルボード総合チャートで77位にランクイン。日本人としては26年ぶりの快挙を成し遂げた。

   そんなピコ太郎のプロデューサー(P)だと言っているのが、見た目そっくりのお笑い芸人の古坂大魔王さん(43)。ピコ太郎は一気に有名になったものの、ネット上には、「古坂大魔王を知らない」「顔見ても誰?って感じ」といった書き込みが相次いでいる。

  • ピコ太郎は知ってるけど・・・(画像は公式Youtubeチャンネルより)
    ピコ太郎は知ってるけど・・・(画像は公式Youtubeチャンネルより)
  • こちらが古坂大魔王さん(画像は公式サイトより)
    こちらが古坂大魔王さん(画像は公式サイトより)

「『ピコ太郎は古坂大魔王』って言われても・・・」

   ピコ太郎は8月にYouTubeに投稿した動画「PPAP」で大ブレークし、9月30日~10月6日付の週間再生回数ランキングでは日本人で初めて世界一に。公式動画チャンネルの総再生回数は20日18時時点で7100万回を超えている。

   10月7日には世界134か国で楽曲の同時配信をスタート。14日には音楽番組「ミュージックステーション」(テレ朝系)に出演するなど、地上波でのテレビ出演も急増中で、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

   そんなピコ太郎の「正体」とされているのが、芸歴24年目のベテラン芸人の古坂さんだ。見た目や声質はソックリで、2人はテレビ番組で「共演していない」。古坂さんのブログを見ても、ここ最近の記事はピコ太郎の話題ばかりだ。

   古坂さんはあくまで「別人」だと主張しているが、ツイッターなどでは「ピコ太郎=古坂大魔王らしい」といった指摘が止まない状況だ。こうした声が高まる一方で、若者を中心に「古坂大魔王を知らない」という声も目立ち始めるようになった。

   ツイッターやネット掲示板には、

「古坂大魔王って聞いたけど顔見ても誰?って感じ」
「『ピコ太郎は古坂大魔王』って言われても古坂大魔王さんを知らないからリアクションが取れない」
「正直古坂大魔王が何者かいまいちわかってない」

といった書き込みが数多く出ているのだ。

「底抜けの古坂、遂に爆発したのか!」

   芸歴24年目の古坂さんは、1991年にお笑いトリオ「底抜けAIR-LINE」のメンバーとしてデビュー。90年代に人気を博したバラエティー番組「ボキャブラ天国」の出演でブレークした、いわゆる「ボキャブラ芸人」の1人だ。

   2000年代に入ってからは活動の幅を広げ、お笑いだけでなく音楽DJとしても活動を開始。「デジタルお祭りエンターテイメントユニット」をうたうグループ「ノーボトム」(後に『NBR』と改名)を結成し、定期的に音楽イベントを開催している。そのほか、「AAA」や「mihimaru GT」といった有名アーティストとのコラボや楽曲制作するなど、クリエイターとしても活躍している。

   活動の期間が長い古坂さんだけあって、今回のピコ太郎を介しての「再ブレーク」に喜ぶ人も多く、

「古坂さんブームが遂に到来、しかも世界的フィーバー 嬉しい」
「ボキャブラ世代として古坂さんの活躍は嬉しいなぁ」
「底抜けの古坂、遂に爆発したのか!めっちゃ面白いからね!嬉しいぜ!」
「古坂大魔王が若者に人気っていうのは少し嬉しい」

などといった声も相次いでいる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中