坂口杏里AV、1か月たってもアマゾン1位 内容評価は真っぷたつ

印刷

   AV女優に転向したANRIこと坂口杏里さん(25)のAVデビュー作「芸能人ANRI What a day!!」(MUTEKI)が好調だ。10月1日の発売直後には「性的魅力に乏しい」など批判が相次いだが、発売から1か月が経過した現時点でもアマゾンのアダルトランキングでは1位にランクインしている。

   ただ、アマゾンのレビュー欄は、内容に失望する声と評価する声に大きく分かれ、拮抗している。

  • 発売から1か月が経ってもアマゾンのアダルト部門では1位にランクインしている
    発売から1か月が経ってもアマゾンのアダルト部門では1位にランクインしている

性的魅力に乏しいという前評判

   坂口さんの作品をめぐっては、発売直後から(1)やせ過ぎ(2)胸が小さい(3)お尻に吹き出物のようなものがある、といった指摘が相次いでいたほか、アンダーヘアが「未処理」だったことも話題になった。「女性自身」のウェブサイトは10月9日に「坂口杏里のアンダーヘア論争にみる『永久脱毛すべきか』問題」と題した記事を掲載し、賛否両論の意見が出ていることを伝えた。

   「やせ過ぎ」問題については、坂口さん自身が反論。10月6日にはツイッターで、

「確かに前に映画の撮影でドレスを着る撮影が続き急激で過激なダイエットで歯止めが効かなく40キロまで痩せて体質も変わり食べても食べても太らなく悩んでいました」

などと過去には痩せていた時期があったことを明かし、「57.7キロ」と読み取れる体重計の写真を公開。「今はこの体重なので少し健康的に痩せたいんです」と、むしろ太り過ぎだと明かしていた。

   このように、発売前の評価はお世辞にも高いとは言えなかったが、発売から1か月が経過しようとしている10月31日15時時点では、アマゾンのアダルト部門で1位にランクインするなど、意外にも高い人気を維持している。

   ただ、この時点で80件のコメントが寄せられたレビュー欄の平均点は2.5。最低評価を示す「1」をつけた人が31人いる一方で、21人が最高評価の「5」をつけており、評価は真っぷたつに分かれた。

「出演していたテレビを横で流しながら見てます」

   「1」をつけた人の声は、

「貧乳、お尻が汚いし、興奮すら出来ない内容」
「痩せすぎ、貧乳、尻汚い」
「全く魅力を感じないし、これだったら密かに風俗で働いてたほうが良かったんじゃないかな?」

などといったもので、従来の批判の延長戦上とも言えるものが大半だ。対する「5」と評価した人の声は、

「芸能人なのに、デビュー作にしてはがっつりやってます。アンダーヘアケアなどが言われてますが、一部マニアには大好評のようです」
「出演していたテレビを横で流しながら見てます。とても興奮します。これが最高の見方でしょう」

などとタレント時代とのギャップを評価する「ご祝儀相場」に近い声が多いようだ。

11月4日にはヘアヌード写真集も出る

   11月4日には初のヘアヌード写真集「What a day!!」(講談社)が発売される予定で、同社の写真週刊誌「フライデー」では10月28日号、11月4日号と2週連続で袋とじの特集を組んだ。こういった継続的な露出がAV人気を下支えしている可能性もありそうだ。

   坂口さんは10月31日には、

「DVD見ました!次も出しますか?」

というツイッター利用者の声に対して、

「出さないのかな?まだそういったお話にはなっていませんね」

と返信。

「撮ってないですよ」
「予定ないよ」

と繰り返したものの、次回作への意欲をのぞかせていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中