「土人」発言は「差別とは断定できない」 沖縄担当相が国会で見解

印刷

   鶴保庸介沖縄・北方担当相が2016年11月8日に行われた参院内閣委員会で、沖縄県の米軍北部訓練場周辺で大阪府警の機動隊員が抗議活動中の住民らに「土人」などと発言した問題について「『土人』と言うことが差別であるとは断定できない」などと述べた。共産党の田村智子氏への答弁。

   鶴保氏は、「人権問題であるかどうかについて第三者が一方的に決めつけるのは非常に危険」としたうえで、議論が必要な問題について個人的な立場で「差別である」と断じることはできないと説明。

   田村氏の「土人という言葉が差別的な意味以外で使われた例は聞いたことがない」、という指摘には「現在差別用語とされるようなものでも、過去には流布していたものも歴史的にはたくさんある。そういう意味でも『土人である』と言うことが差別であるとは断定できない」と強調した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中