「恋ダンス」星野源、働きすぎ? 「過労で番組辞退」で頭よぎるあの手術

印刷

   人気沸騰中のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)に出演し、ドラマ主題歌の『恋』も歌っている星野源さん(35)が、2016年11月29日放送の音楽番組「ベストアーティスト2016」(日テレ系)への出演を辞退した。同日朝、公式サイトで発表していた。

   辞退の理由は「過労による体調不良」。星野さんは12年にも「くも膜下出血」で倒れ、手術を受けた過去があることから、ファンからは「また倒れたりしないで」「本当に頑張り過ぎだよ」と心配の声が相次いでいる。

  • 「逃げ恥」エンディングテーマも大注目(画像は公式サイトのスクリーンショット)
    「逃げ恥」エンディングテーマも大注目(画像は公式サイトのスクリーンショット)

「十分なパフォーマンスが出来ない」

   ミュージシャン、俳優、文筆家と幅広い分野で活躍する星野さん。現在は、エンディングの恋ダンスでも話題の「逃げ恥」や、NHK大河ドラマ「真田丸」などに出演するかたわら、ミュージシャンとしても音楽番組に多数出演。深夜の生放送ラジオ番組にも毎週レギュラー出演しているほか、週刊誌「AERA」の連載も抱えている。

   こうした「過密スケジュール」の負担は大きかったようだ。今回の「ベストアーティスト2016」の出場辞退についても、その理由は「過労による体調不良のため、十分なパフォーマンスが出来ないという判断」だと説明されている。

   実際、出演辞退が発表される数時間前に生放送された深夜ラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」では、星野さん本人も、

「本当ねもう、スケジュールも色々とこう詰まって来ているんで、ぜひ頑張っていきたいと思います。体調もなかなか万全にならないので」

と漏らしていた。また、2時間にわたる生放送中には、星野さんがトーク中に咳き込む場面もたびたびあった。

   なお、星野さんは9月19日にも、体調不良でラジオ番組の収録を欠席している。その際も、欠席理由については「過労からくる喉の不調と熱」と説明していた。さらに、11月7日の同番組中では、

「食あたりを起こしていまして。気持ちが悪い、熱が出ている、頭が痛い...」

   などと体調不良を訴える場面もあった。

4年前には「くも膜下出血」で手術

   なお、星野さんは12年12月に脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血で緊急搬送され、手術を受けた過去がある。そのため、ファンの間ではここ最近の活躍を喜ぶ一方で、「働き過ぎじゃないか」と体調を不安視する声も出ていた。

   こうした経緯もあって、今回の出場辞退についてファンからは、

「源くん働きすぎだよ・・・ 一番大切なのは身体だからね!!しっかり休んで」
    「体調不良ってそりゃそうだわ...働きすぎなんだと思うよ本当に...また倒れたりしたら泣くぞ...」
    「星野源最近ボロボロじゃないか また倒れたりせんといいけど心配」
    「無理しないで お願いだから 休んでください」

と心配する声がツイッターに数多く寄せられている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中