時給「4.8%上昇」のお仕事とは 12月の3大都市圏、過去最高を更新

印刷

   派遣社員を募集するときの時給が、一段と上昇している。求人情報大手のリクルートジョブズが2015年1月15日に発表した14年12月の3大都市圏(関東・東海・関西)の平均時給は、前年同月と比べて2.4%高い1567円だった。19か月連続で前年同月を上回り、2007年2月の調査開始以来、過去最高の水準を更新した。前月(14年11月)と比べても0.4%上昇した。

   時給水準の高い自動車部品や電子部品の設計を手がける技術者の求人も東海地方などで増えたという。円安の影響で、製造業が生産拠点を国内に戻そうとする動きがみられる。

   また、IT(情報技術)分野などで人手不足が厳しく、リクルートジョブズによると「IT・技術系」の時給は4.8%上昇した。

   求人件数の多い事務職の時給も0.8%高い。営業や英語関連の事務は仕事が増えている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中