お湯を注いで即、熱々カップ麺 日持ち5日でも主婦や年配なら

印刷

   カップにお湯を注いで、「0分」で食べられる――こんな触れ込みでシマダヤが2016年9月12日、売り出したカップ入り即席麺「ホット!『流水麺』」をめぐり、インターネット上で「賛否」が割れている。お湯をかけてまぜればすぐ食べられる「手軽さ」を評価する声があがる一方、要冷蔵で「5日」という短い消費期限から「買い置きできない」との不満が聞こえるのだ。

保存食じゃない、買い置きできない

冷蔵庫で5日間
冷蔵庫で5日間

   調理済みのうどんやそばをパック化した「流水麺」は、発売から28年の歴史を誇るシマダヤの看板商品。その発展型ともいえる「ホット!『流水麺』」シリーズには、「かきたまうどん」「カレーそば」「あんかけ醤油ラーメン」の3種をそろえた。いずれも「お湯をかけてまぜるだけ」。希望小売価格は230円(税別)。

   麺には国産の小麦粉を使用し、「熱々感」を持続させるためスープにトロミをつけた。簡便さだけでなく味にもこだわった一品というが、問題は「足の早さ」。製造から「5日」という消費期限について、消費者から、

「消費期間5日ってカップ麺の意味あんのか」
「保存食じゃないじゃん」
「買い置きできない」

といった書き込みがネット上に相次いで投じられている。

   買い置きできないカップ麺に、はたして「存在理由」はあるのか――J-CASTニュースが投げかけた、そんな根本的な問いを、シマダヤの広報担当者は、

「水や湯を入れてすぐに食べられる『冷たいレトルト麺』はこれまでにも多数ありましたが、一方で冬場に向けた『温かい』商品は手薄でした。こうした市場を踏まえ、主婦層や年配層の需要を見込んで商品の発売に至りました」

と軽く受け流した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中