追加緩和「現時点で必要ない」 黒田日銀総裁、米国で講演

印刷

   日本銀行の黒田東彦総裁は、追加の金融緩和について「現時点では必要ない」との見方を示した。2016年10月8日(日本時間9日)に開かれたワシントンでの講演で述べたと、朝日新聞などが9日付で報じた。

「必要あれば躊躇しない」とも

日銀の政策に世界も注目
日銀の政策に世界も注目

   民間金融機関が日銀に預けている「当座預金」の一部に、マイナス0.1%の金利を適用している現在の金利幅を当面維持する考え。ただ、「ネガティブなショックがあれば必要になるかもしれない。必要があれば躊躇しない」とも話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中