2018年入社から新卒採用再開 東芝、技術力など高める狙いで

印刷

   不正会計問題で経営再建中の東芝は、中止していた事務系・技術系の大学新卒の採用を、2018年4月入社から再開する。同社が2016年10月18日に開いた技術戦略説明会で、綱川智社長が明らかにした。具体的な採用人数は今後詰めるという。

  • 新卒採用再開で明るさが戻るか
    新卒採用再開で明るさが戻るか

業績が比較的堅調で

   東芝は2016年3月に17年4月の新卒採用を見送ることを決めているが、採用再開は人材確保により技術力などを高めて将来の成長につなげる狙いがある。同社は16年6月に新体制が発足。足元の業績も比較的堅調なことから再開に踏み切る。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中