ラオックス、営業利益98%減 「爆買い」失速がもろに響き

印刷

   免税店大手のラオックスの2016年1~9月期決算は、売上高が前年同期比31.9%減の494億円、営業利益が98.2%減の1億円、純利益も97.4%減の1億円だった。11月14日に発表した。訪日外国人客数は増えているものの、円高の影響もあり、訪日外国人客の1人あたりの買い物金額が減っている。いわゆる「爆買い」が失速した影響が直撃したかたち。

  • 外国人客の財布のひもが堅くなり
    外国人客の財布のひもが堅くなり

免税店のスクラップ&ビルド進め

   「国内リテール事業」については、商品構成のさらなる充実を図るとともに、札幌狸小路店や新潟空港店等の3店の新規出店を進める一方で、札幌パルコ店など2店を閉店するなど、外国人観光客の動向に対応した免税店のスクラップ&ビルドを進めた。

   「海外事業」では、台湾両岸自由貿易センター内の風獅爺デューティフリーショッピングモール店舗への商品供給など新しい取り組みを進めている。

   同社は、引き続き中国・アジアをはじめとした世界のマーケットに対してジャパンプレミアムを体現していくビジネスモデルをより成長させ、時代をリードできるグローバル企業となるよう取り組んでいくとしている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中