FX取引、AIが監視 TFXと富士通が共同検討

印刷

   東京金融取引所(TFX)と富士通は、外国為替証拠金(FX)取引における異常や不正を人工知能(AI)によって検知する仕組みについて共同で検討することで合意したと、2017年3月10日に発表した。

  • FX取引の異常や不正をAIで検知…
    FX取引の異常や不正をAIで検知…

市場監視の精度アップに寄与

   FX取引の件数が増加し、透明性や公正性の確保や安定した市場の維持が求められているなか、東京金融取引所のFX取引情報を富士通のAIに機械学習させ、マーケットの異常を自動的に検知できるようにする。

   実現すれば、人間の高度な分析ノウハウなしで異常や故障の予兆を検出できるようになり、市場監視業務の精度向上や効率化、人的コストの削減につながる可能性がある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中