「日航ジャンボ機墜落事故」題材映画のDVD発売

印刷
主演の2人の熱い演技に注目だ
主演の2人の熱い演技に注目だ

   ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは、1985年に起こった「日航ジャンボ機墜落事故」を題材にした映画「クライマーズ・ハイ」のDVDを2009年1月1日に発売する。事故当時地元紙の社会部記者だった作家・横山秀夫氏の同名小説の映画化作品だ。

   85年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、520人の死者を出した大惨事――「日航ジャンボ機墜落事故」。前橋にある北関東新聞社では、一匹狼の遊軍記者・悠木和雅が全権デスクに任命された。地元で起きた未曽有の大事故を巡り、白熱する紙面作り――記者たちの激動の1週間が幕を開けた。

   主演は堤真一、堺雅人。2人は「第33回報知映画賞」で主演男優賞及び助演男優賞を受賞している。

   価格は4980円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中