食べてみて! 女性ブロガーら100人招き、「キッチン家電オープンハウス」

印刷

   三菱電機は、東京・渋谷ヒカリエに女性ブロガーら約100人を招き、冷蔵庫やジャー炊飯器、レンジグリル、IHクッキングヒーターの「キッチン家電オープンハウス」を開いた。

   食べて、ふれてもらいながら、同社の社員自らがエプロン姿で料理をつくり、製品機能を紹介した。

「三なし」「ほったら家事」最近のトレンドに注目した製品展開

トークショーの様子
トークショーの様子

   「キッチン家電オープンハウス」は、三菱電機が2014年6月12日に発表した「BtoC新ブランド戦略」の一環。「おうちがごちそう」をコンセプトに、同社が目指すキッチン家電の本質である「おいしさ」、食を通じた家族との繋がり、団らんを楽しむ生活を体験できる空間を目指した。

   同社は、主婦の生活は今後、ヒマなし、食材のムダなし、おもてなしの「三なし」が進んでいくと予想。また共働き世帯も増えていくことから、家事を家電や外部のサービスに頼る「ほったら家事」化も広がるという。

   キッチン家電オープンハウスでは、6月27日発売の最大容量705リットルの冷蔵庫や、本炭釜とこだわりの炊き分け機能で白米も玄米もおいしく炊き上げる蒸気レスIHジャー炊飯器、レンジからグリルへと連続して加熱できる「自動リレー調理」機能が付いたレンジグリルに、洋食から焼き立てのパンまで料理のレパートリーが広がるIHクッキングヒーターといった、これからの主婦のライフスタイルにマッチした4製品が、それぞれのキッチンステージに分けて紹介され、女性ブロガーらが試食しながら、製品機能の説明に耳を傾け、写真を撮った。

   ある女性は、炊き分けたごはんに「はっきり違いがわかりますね」と、驚きのようす。また別の女性ブロガーは、四角いIHジャー炊飯器に、「デザイン性に富んでいて、いいんじゃないですか」と、興味津々だった。

   レンジグリルのキッチンステージでは、ジューシーな鳥のから揚げをひと口。「油っぽくなく、食べやすい」と話した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中