2018年 12月 19日 (水)

加藤千洋の天安門クロニクル(4)
「あなたは改革者」(上)胡耀邦の死の波紋

印刷

   1989年春から夏にかけて北京で起きた学生らの民主化運動は、4月15日朝、前共産党総書記の胡耀邦が心臓病で急逝したことがきっかけだった。それから7週間持続するデモ行進、座り込み、ハンストなど一連の運動のスタートは、北京の大学生たちが同日午後から取り組んだ胡の追悼活動からだった。

こちらはJ-CAST会員限定記事です
無料会員登録すると続きが読めます。会員特典について詳しくはこちら
まだJ-CAST IDをお持ちでない方は 無料会員登録
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!