2018年 12月 17日 (月)

加藤千洋の「天安門クロニクル」(5)
二人の総書記の失脚(下)保革対立の激化

印刷

   「やはりそうだったか」という気持ちで受け止めた胡耀邦辞任は、長老指導者から厳しい「同志的批判」を浴びせられた上での事実上の解任だった。

こちらはJ-CAST会員限定記事です
無料会員登録すると続きが読めます。会員特典について詳しくはこちら
まだJ-CAST IDをお持ちでない方は 無料会員登録
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!