2020年 7月 3日 (金)

加藤千洋の「天安門クロニクル」(6)
特権と腐敗(下)怨嗟の的の「官倒」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   民衆が党や政府の幹部たちの「特権」「汚職」を批判する際に、よく耳にした言葉がある。当時の中国社会で最も注目された流行語である。

こちらはJ-CAST会員限定記事です
無料会員登録すると続きが読めます。会員特典について詳しくはこちら
まだJ-CAST IDをお持ちでない方は 無料会員登録
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!