2020年 9月 19日 (土)

加藤千洋の「天安門クロニクル」(8)
1989年という「節目」(下) 趙講話は歓迎された

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   さまざまな意味で節目の年であった1989年の年明け以降の社会状況を見てくると、一連の知識人や学生らの行動から見えてくるものがある。

こちらはJ-CAST会員限定記事です
無料会員登録すると続きが読めます。会員特典について詳しくはこちら
まだJ-CAST IDをお持ちでない方は 無料会員登録
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!