2020年 7月 3日 (金)

加藤千洋の「天安門クロニクル」(17)
国内に留まるか、国外脱出か(下) 「第二の忠誠」を貫いたジャーナリスト

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   実はニューヨークの集会で一番会いたかったのは劉賓雁だった。『北京之春』編集部ではゆっくりと話が出来なかったので、翌日、宿泊先のマンハッタンのホテルを訪ねる約束をした。

こちらはJ-CAST会員限定記事です
無料会員登録すると続きが読めます。会員特典について詳しくはこちら
まだJ-CAST IDをお持ちでない方は 無料会員登録
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!