2020年 7月 8日 (水)

加藤千洋の「天安門クロニクル」(18)
再考「流血の夜」 (上)いまだ疑念は拭えず

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   30回目の「6・4」の記念日が近づき、連載も終盤を迎えた。そこで6月3日夜から4日朝にかけての「流血の夜」を、いまだに疑問が完全に払拭されていない犠牲者数や天安門広場では本当に死者が無かったのか、などを中心に再考しておきたい。

こちらはJ-CAST会員限定記事です
無料会員登録すると続きが読めます。会員特典について詳しくはこちら
まだJ-CAST IDをお持ちでない方は 無料会員登録
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!