歴史は繰り返す?バブルの兆し

印刷

日本経済は戦後最大の景気拡大の時期を迎え、「バブル」と見られる兆しもあちこちで目立ち始めた。週刊エコノミストは2006年3月18日号で「インフレとバブル」という特集をしたが、そのなかでバブルと見られる断面をいくつか報告している。一つは東京・表参道で地価が前年比30%上昇したこと。不動産が生み出す収益で土地価格が決まる算定方式がバブル以後定着しただけに、値上がりを期待した「投機」に近い現象といってもおかしくない。他にもゴルフ会員権や絵画などの美術品の値上がりを挙げている。さらに、バブル期を想像させる事例として、「超高級ホテルがクリスマスの予約で満杯」をリポートしている。「バブルはもう二度とこない」といわれ続けていた。それがやってくるのか。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中