今年も「ふんどし」が好調

印刷

日本の伝統的な男性用下着「ふんどし」の売り上げが今年も好調だ。三越銀座店でも、ふんどし(クラシックパンツ)の売り上げは好調で、2006年4月の1ヶ月間で約300枚を販売した。数年前までは年間でも150枚ほどしか売れていなかった商品だ。ふんどしのブームに火が付いたのは、05年4月にテレビ番組、フジテレビ系「トリビアの泉~素晴らしきムダ知識」で紹介されたことが発端。三越銀座店では爆発的に売り上げが伸び、05年4月から現在だけで約8,000枚が売れた。今年もブームは継続している模様で、書き入れ時の夏を前に、去年に匹敵する勢いだ。三越広報は「前から需要はあったが、認知度が上がったからではないか」と、ブームが一過的でない理由を説明している。最近は、幅広い年齢層の人がふんどしを購入するようになったという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中