らでぃっしゅぼーや 二酸化炭素年間排出量を3分の1削減

印刷

らでぃっしゅぼーやは、2006年6月から、これまで冷凍食品の保冷材として使用していたドライアイスを回収し、再使用可能な「超低温蓄冷剤」に順次切り替える。これにより、年間約854トンに上っていたドライアイスの使用量を60%削減し、二酸化炭素の排出量を従来に比べて3分の1削減する。「超低温蓄冷剤」は、5~6年間継続して使用可能で、「再凍結に必要なエネルギーを含めても、ドライアイスより環境に負荷の小さい保冷剤」という。

らでぃっしゅぼーやが導入する再使用可能な「超低温蓄冷剤」
らでぃっしゅぼーやが導入する再使用可能な「超低温蓄冷剤」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中