ソニー、松下など6社 テレビポータルサービス事業会社を設立

印刷

ソニー松下電器産業など6社は2006年6月5日、ブロードバンド(高速大容量通信)接続機能を持つデジタルテレビ向けに、共通のテレビポータルサービスを提供する事業会社を設立することで基本合意したと発表した。映像配信サービスや生活情報サービスなど、生活に役立つテレビ向けコンテンツを提供していく。

デジタルテレビからインターネット通信への入口(ポータル)になるサイトは、各家電メーカーごとに異なっていたが、これらが共通になり、デジタルテレビからインターネットに接続する利用者が増える、と見ている。

会社名は「テレビポータルサービス株式会社」になる予定で、06年7月7日に資本金10億円で設立。松下電器が35%、ソニーコミュニケーションネットワークが25%、ソニー、シャープ東芝日立が10%出資する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中