光学12倍ズーム・1010万画素のデジカメ 松下電器

印刷

松下電器が発売する「LUMIX DMC-FZ50」
松下電器が発売する「LUMIX DMC-FZ50」

松下電器産業は、デジタルカメラ「LUMIX DMC-FZ50」を2006年8月25日から発売する。1010万画素CCDと、ライカ社と松下が共同開発した光学12倍ズームレンズを搭載し、高画質・高倍率を実現した。世界で初めて、動きのある被写体をカメラが自動的に感知して、ISO感度を設定する機能を設定した。手ブレ補正機能もついているため、画像の「ブレ」を確実に防ぐ。オープン価格。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中