ベンツCLSクラスに新型V8エンジンを搭載 

印刷

ダイムラー・クライスラー日本は、メルセデス・ベンツCLSクラスを一部改良して2006年9月4日に発売した。
新開発5.5リッターV型8気筒エンジンを搭載した「CLS 550」、本革シート(前席シートヒーター付)、18インチアルミホイールを標準装備した「CLS 350」、6.3リッターV型8気筒エンジンを搭載した「CLS 63 AMG」がある。また、CLSクラスすべてに、事故時の衝突までの一瞬に乗員保護態勢を整える機能や雨天時のブレーキディスクの水膜を除去し制動距離を短縮するブレーキ機能などを搭載した。価格はすべて税込みで、「CLS 350」が871万5,000円、「CLS 550」が1,039万5,000円、「CLS 63 AMG」は1,428万円。

ダイムラー・クライスラー日本が発売した「CLS 550」
ダイムラー・クライスラー日本が発売した「CLS 550」

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中