Webに最も貢献したのは「ナビタイムジャパン」
Webクリエーション・アウォード贈賞式開催

印刷

   Webの世界で活躍した人をたたえる「Webクリエーション・アウォード」の贈賞式が2006年9月7日、大手町サンケイプラザで開かれ、携帯電話を活用したナビゲーションアプリケーションを開発した「ナビタイムジャパン」の大西啓介・代表取締役など、10名が表彰された。

Webクリエーション・アウォード受賞者たち
Webクリエーション・アウォード受賞者たち

   最高賞の「Web人大賞」を受賞した大西さんは、「今後も、Webの世界に貢献していきたい」と、今後への抱負を語った。この1年間で最も活躍した人に贈られる「Web人 of the year」は、新型ニュースサイト「iza!」を立ち上げた「産経デジタル」の阿部雅美・代表取締役社長が受賞した。阿部さんは産経新聞記者時代に2度、新聞協会賞を受賞しているが、「この受賞は新聞協会賞より嬉しい。マスメディアが持っているタブーに挑戦してきたい」と、喜びを表した。

   Webクリエーション・アウォードは、財団法人日本広告主協会Web広告研究会が主催するもので、今年で4回目。今年は、Webのフォームで推薦された全62の候補者・グループから選出された。全受賞者の一覧は以下のとおり。

(Web人大賞)
大西啓介氏
(株式会社ナビタイムジャパン 代表取締役)
プロジェクト:NAVITIME(http://www.navitime.co.jp/
贈賞理由:携帯電話を活用したナビゲーション・アプリケーションを開発

(Web人of the year)
阿部雅美氏
(株式会社産経デジタル 代表取締役社長)
プロジェクト:iza(http://www.iza.ne.jp/
贈賞理由:マスメディアのネット展開として斬新な機能を提供

(Web人ユニット賞)
株式会社リコー GR BLOGチーム
プロジェクト:GR BLOG(http://blog.ricoh.co.jp/GR/
贈賞理由:商品のプロモーション展開において、BLOGを有効に活用

(以下、Web人賞)
永沢和義氏
(有限会社アイビィ・コミュニケーションズ 代表取締役社長)
プロジェクト:BlogPeople(http://www.blogpeople.net/
贈賞理由:ブロガーの利便性を第一にしたサービス開発・運営

岡康之氏
(松下電器産業株式会社 コミュニケーショングループ 宣伝企画チーム)
プロジェクト:オキシライド有人飛行プロジェクト(http://oxyride.jp/
贈賞理由:クロスメディア企画でWebを有効に活用

武井信也氏
(株式会社マーズフラッグ 代表取締役社長)
プロジェクト:MARSFLAG(http://www.marsflag.com/
贈賞理由:純国産検索エンジンを開発し、検索エンジンの可能性を追求

松原淳氏
(ブラザー工業株式会社 NID開発部 事業化グループ)
プロジェクト:Brotherhood(http://d.hatena.ne.jp/brotherblog/
贈賞理由:Brotherhoodの運営において、自社のコンセプトAt Your SideをPR

高橋宏祐氏
富士通株式会社 コーポレートブランド室 ウェブ戦略担当)
プロジェクト:富士通 Webアクセシビリティ
贈賞理由:Web業界全体の意識改革、アクセシビリティの標準化に多大な貢献

青野慶久氏
サイボウズ株式会社 代表取締役社長)
プロジェクト:サイボウズ
贈賞理由:Webベースグループウェアを開発し、22,000社以上の導入を実現

清水孝治氏
(ニフティ株式会社 サービスビジネスグループ コンシューマメディア部)
プロジェクト:Podcasting Juice(http://www.podcastjuice.jp/
贈賞理由:Podcasting Juiceを立ち上げ、さまざまなコンテンツを提供

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中