「めでたいの?」発言で 乙武ブログ炎上

印刷

   乙武洋匡さんのブログが炎上している。秋篠宮ご夫妻の男子誕生をめぐる一連の報道に疑問を感じた、という乙武さんのコメントがきっかけだ。乙武さんはブログ上で「お詫び」を掲載したが、それにもかかわらず炎上は止まらない。

   炎上したのは「乙武洋匡オフィシャルサイト OtoZone」。2006年9月7日の「紀子さま出産」と題した文章

乙武さんは「深くお詫びします」と謝罪

乙武さんのブログでは炎上が止まらない
乙武さんのブログでは炎上が止まらない
「世間は昨日から『めでたい、めでたい』と騒いでるけど……ひとつの命が誕生したことがめでたいの?」

   とのコメントを乙武さんが書き込んだところ、06年9月8日夕方時点で900件近いコメントが寄せられた。そして、その数は時間の経過とともに増えている。そのコメントの大半は、「正直少し嫌な感じがしました」「どうして、まずは素直におめでとうという言葉がでないのでしょうか」「乙武よ…お前にゃ本当に失望した」など、乙武さんに批判的なものだ。

   この炎上を受け、乙武さんは同日「深くお詫びします」と題し、次のように謝罪している。

「まず、今回、親王のご誕生を『めでたくない』と考えているように受け取られる文章を書いてしまったことを、深く、深く、反省しています。むしろ、僕は親王のご誕生を『おめでたいこと』『よろこばしいこと』だと思っています。(略)ところが、ご誕生を受けてのマスコミ報道や世論には、少なからず『男の子でよかった』という風潮が感じられました。そのことに、僕は抵抗を感じてしまったのです」

「炎上」ぶりに抵抗を感じる人も

   しかし、こうした「お詫び」にも関わらず、この文章に対しても批判のコメントが続々と書き込まれている。「このお詫びの文章も酷いね」「反響を呼んだから謝罪するんだ。何も言われなかったら知らんぷりする気だったんだ。で、謝れば済まされると思ってるんだ」「言い訳してももう遅いよ」など厳しいカキコミが見つかる。

   一方で、一部の誹謗中傷に近いカキコミや、異様ともいえる「炎上」ぶりに抵抗を感じる人も少なくないようだ。

「とりあえず、以下の連中は過剰に叩きすぎこれが集団行動の心理という奴か」「皆さんすごい叩きっぷりですね。お詫びをしなければ叩き、お詫びをしても叩く。ネット右翼の方たちは本当に精力的でいらっしゃる。」「2chのこういうブログ突撃はお遊びでやってます。彼らは初めから乙武さんの言いたいことはわかっていて言葉足らずを攻撃し、終わったら『ああ面白かった。すっきりした。』で終わりです」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中