春の七草・菜の花入り茶づけ 永谷園

印刷
永谷園が発売する「春菜茶づけ」(左)、「春菜ぞうすいの素」(中)、「春菜お吸いもの」(右)
永谷園が発売する「春菜茶づけ」(左)、「春菜ぞうすいの素」(中)、「春菜お吸いもの」(右)

永谷園は、春の七草と菜の花を使用した、お茶づけの素「春菜茶づけ」とぞうすいの素「春菜ぞうすいの素」と、菜の花入りの即席お吸いもの「春菜お吸いもの」を、2006年12月18日に全国で発売する。このうち「春菜茶づけ」はフリーズドライ加工した春の七草、菜の花、紅白あられが入っている。お粥に入れて七草粥としておいしく食べられるという。希望小売価格はいずれも3食入り税込みで、茶漬け220円、ぞうすい250円、吸い物120円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中