ソニー 電池発火などで営業利益9割減

印刷

ソニーが2006年10月26日に発表した06年9月中間期の連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比91%減の62億円だった。発火・過熱事故を起こしたパソコン用電池の回収費用512億円と、ゲーム部門の不振が響いた。売上高は、液晶テレビなどの好調を受け、前年同期比9.7%増の3兆5,984億円となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中