契約解除のICカードが海外で使われる ドコモ

印刷

NTTドコモは2006年11月23日、解約済みの携帯電話「FOMA」のICカードが海外で別の携帯電話に使われて、無関係な第三者に料金請求するという事態が発生したことを明らかにした。携帯電話は、カードに書き込まれた契約者用の認証番号を、端末、交換機それぞれで認証して接続している。だが、今回は海外の電話事業者の交換機が認証しない設定になっていたうえ、解約ICカードの認証番号が、別の契約中のカードに再利用されていたために通話が可能になり、契約中の携帯所有者に通話料が課金・請求された。こうした事態は2005年9月~2006年2月に中国、ガーナ、フィリピンの3カ国で計6件起きたことが確認された。通話料の総額は約26万円で、6件中2件に通話料を請求してしまったが、すでに返還したという。ドコモは問題が起きた携帯電話事業者に交換機の認証を実施するよう要請する。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中