親拒否でも15歳未満は輸血 学会が指針素案

印刷

日本輸血・細胞治療学会などでつくる「宗教的輸血拒否に関する合同委員会」は2007年6月上旬、宗教上の理由で親が輸血に反対しても、15歳未満の場合は輸血を行うとする指針の素案をまとめた。素案では固有名詞は挙げていないが、「エホバの証人」信者が輸血を拒否して死亡するケースが続いたことを受けて検討を進めてきた。今後、信者側の意見なども聞き、年内に指針をまとめる方針。座長の大戸斉・福島県立医大教授によると、同委員会は児童虐待に関する判例などを参考にして「15歳未満の輸血を親が拒否するのは親権の乱用だ」との考えから素案をまとめた。同学会はこれまで、「12歳未満」については親の輸血拒否を認めないという指針を作っており、今回はこの年齢を引き上げる方向だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中