「最近の円安は異常」と国際決済銀行が警告

印刷

スイスのバーゼルにある国際決済銀行(BIS)は2007年6月24日に開いた年次総会で、06年4月から07年3月末までの年次報告を公表した。そのなかで「最近の円安は異常だ。円で資金を調達している投資家は1998年の円の急騰を思い出すべきだ」と警告した。同日付のロイター通信が報じた。「円キャリー取引」が広がって、それが円安をもたらしており、その原因は「日本と欧米との金利差にある」と指摘している。
一方、BISのナイト総支配人は総会後の記者会見で、「世界的な金利上昇でキャリー取引はいずれ重要ではなくなる」との考えを示した。「世界的に金利の正常化が進んでいることを踏まえると、キャリー取引は魅力を失う」という。キャリー取引は、円などの金利の低い通貨で資金を調達して、金利の高い通貨で運用して利ザヤを稼ぐ手法のこと。ヘッジファンドの有力な資金調達また運用手法となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中