トヨタと松下電器、株式持合いを強化

印刷

ヨタ自動車松下電器産業が少なくともこの1年間に株式の持ち合いを強化したことが2007年6月26日わかった。トヨタは2007年3月末現在で、追加取得分を含めて松下株2070万株(発行済み株式の0.84%)を保有している。松下電器は06年3月末現在でトヨタ株2042万株(同0.57%、)を保有しており、その後、株数は明らかにしていないが追加取得したことを認めている。両社は1996年にハイブリッド車用電池の開発、生産を行う合弁会社・パナソニックEVエナジーを設立するなど協業関係を強化しており、持ち合い強化で安定株主としての関係も強める。
トヨタは6月26日、「今後の成長に向けた事業展開や取引関係等を総合的に勘案し、必要に応じ取引先の株式取得・保有を行っており、今回もその一環です」とコメントしている。また、松下電器も同日、「当社は将来の事業戦略を見据え、必要な資本提携や株式の取得を実施しています。とくにトヨタは当社のカーエレクトロニクス部門の最大の取引先であり、お互いが数百億円規模で株式を取得しています」とコメントした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中