テレビ朝日の選挙ステーション 丸川氏の当選会見伝えられず

印刷

   現職の保坂三蔵さん(68)=自民公認=を蹴落とす形で、激戦・東京選挙区(改選数5)の5議席目に滑り込んだ丸川珠代さんが直前までアナウンサーとして所属していたテレビ朝日では、その当選会見の模様を伝えようとスタンバイしていた。そして、ようやく日がかわった7月30日の0時29分ごろに選挙事務所に丸川さんが赤いスーツで現れたが、本人が話す前に自民党の平沢勝栄衆院議員が長々とスピーチ。

   その間、テレビ画面には眼にうっすらと涙を浮かべながら神妙な表情でスピーチを聞く丸川さんの顔が大写しになっていた。だが、古舘伊知郎キャスターが担当する選挙ステーション第1部に与えられた時間は0時30分まで。残念ながら、丸川さんの会見を聞くことなくタイムアップになってしまった。
   古舘キャスターが最後にひとこと。

「丸川さんの話を聞きたいところでもありました。しかし時間がなくなってしまいました」

   なお、丸川さんはテレビ局のインタビューに対しては「介護や福祉の現場に足を運びたい」と少しかすれた声で話した。30日0時50分過ぎ、NHKが放映した。当選の理由については「年金問題などある中で、新顔ということで可能性に力を与えてくださった人がいる」などと分析した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中