「ヤンキー先生」当選確実 政治家として教育再生に挑む

印刷

   通称、ヤンキー先生の「辣腕」が国政でふるわれる。自民・比例区候補だった義家弘介さん(36)の当選が確実となった。NHKが30日4時6分に報じた。

   義家さんは初当選。自らが不良少年から立ち直り母校の教壇に立っていた経験を、安倍内閣が掲げる「教育改革」に活かしそうと、教育再生会議委員(内閣官房教育再生会議担当室室長)に任ぜられたが、今度は政治家として取り組むことになる。

   いじめ対策として、いじめた生徒の出席停止の必要性を強く訴えているほか、日教組支配からの脱却が教育再生になると主張している。

   また、今回の出馬をめぐっては、政府の教育再生会議委員を途中で退任した経緯から、伊吹文明文部科学相が「わたしなら(教育再生会議委員の)職を全うした」と発言。これに対して義家さんは「魂はまだ教育再生会議の中にある」と反論していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中