4~6月パソコン出荷台数、前年同期の4.3%減

印刷

IT専門調査会社のIDC Japanが2007年8月8日に発表した07年第2四半期(4~6月)の国内パソコン市場出荷台数によると、国内のPC出荷台数は前年同期比4.3%減の327万台となった。家庭向けは同0.4%の伸びを示し回復の足がかりをつかんだが、企業向けが同7.3%と落ち込むなど不調だった。ウインドウズ・ビスタ搭載機への買い替えが進まなかったとみられる。メーカー別ではNECが1~3月期に続き首位を維持、2位だった富士通が3位に後退して、デルが3位から2位に浮上した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中