糖尿病患者と予備軍、アルツハイマーの危険4.6倍

印刷

糖尿病やその予備軍の人は、そうでない人よりアルツハイマー病になる危険性が4.6倍高いことが、九州大の清原裕教授(環境医学)らの研究でわかった。福岡県久山町の住民約800人を2000年までの15年間、追跡して分析した結果、わかった。清原教授によると、耐糖能異常の人はインスリンが少ない場合が多く、脳にたまってアルツハイマー病を引き起こすとされる物質を分解する酵素も減るので、発症の危険性が高まるという。清原教授は、糖尿病対策がアルツハイマー病予防につながる可能性があるとしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中