三菱東京UFJ銀行が35万人分の顧客情報を紛失

印刷

三菱東京UFJ銀行は2007年9月6日、約35万人分の顧客の個人情報を記録・記載している資料を紛失したと発表した。紛失した資料はコムフィッシュと呼ばれる小さなフィルム状の媒体とマイクロフィルム、本部から支店に送付される還元資料(紙ベースの内部管理資料)で、支店数にして163カ店分。紛失した資料には顧客の氏名、口座番号、取引金額等が記録されていた。同行では、各支店で管理していた個人情報を集中センターで集約して管理するために移行作業に取り組んでおり、その過程で発覚した。内部調査の結果、保管期間を過ぎた書類にまぎれるなどして誤って破棄したとみられ、情報が外部へ流出した可能性は低いとしている。同行では06年10月にも、85カ店・約96万人分の顧客情報を紛失している。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中