9月の景気ウオッチャー 6カ月連続で低下

印刷

内閣府が2007年10月9日に発表した9月の景気ウオッチャー調査によると、景気の現況判断指数(DI)は前月比1.2ポイント低下して42.9となった。内訳をみると、企業動向関連のDIが前月比0.4ポイント上昇して43.5に、雇用関連DIが同0.5ポイント上昇し48.8になったものの、家計動向関連のDIが同2.0ポイント低下して41.7になった。この結果、現状判断DIは6カ月連続の低下となった。地域動向は、沖縄や北陸、近畿、四国で上昇したが、北海道や東北、九州など7つの地域で低下した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中