ヤクルト球団社長、高津投手の戦力外通告めぐりHP上で謝罪

印刷

ヤクルト球団の鈴木正社長は2007年10月15日、ヤクルトファンに宛てた謝罪文を球団の公式ホームページに掲載した。高津臣吾投手をシーズン終了後に戦力外通告したことで、高津投手がファンに別れの挨拶をする機会と、ファンが高津投手を送り出す機会が失われたことに対するもの。
シーズン終了後に戦力外通告したことについて同社長は「1軍に帯同している選手に対して戦力外通告を行う事で、本人のプライドを傷つけ、残りの試合に集中できなくなるのではないかと考えました」と書いている。そして、高津投手ならびに高津投手を応援してきたスワローズファンに謝罪し、「もし他球団で現役を続けたいという希望があるのならば、球団としては本人の希望をかなえるために全面的にバックアップをさせてもらいたい、という旨を伝えております」としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中