三菱商事と組んで「糖尿病食」お届けサービス ニチレイフーズ

印刷

   ニチレイフーズ三菱商事と設立した合弁企業「スマイルダイナー」(出資比率・ニチレイ51% 三菱商事49%、宮本美之社長)で、生活習慣病患者やその予備軍向けにカロリーや塩分をコントロールした食事を届けるサービスを2008年1月に開始する。

   ニチレイはこれまで、カロリー調整を施した糖尿病食やカロリー・塩分コントロール食などの「ウェルネス食品」を供給するサービスを行ってきた。さらに医療関連事業において幅広いチャネルをもつ三菱商事と提携することで、両社の強みを生かした生活習慣病患者向け食事配給サービスを展開していく。配給する食事は当面、ニチレイフーズがこれまで展開してきた「気くばり御膳」シリーズなどが中心となるが、順次オリジナル商品の展開にも力を入れていく。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中