「Gackt様」オバさまに超人気 秘密は謙信「妖艶」の役柄作り

印刷

   NHKの大河ドラマ「風林火山」に出演している歌手のGacktさん(年齢非公表)が、オバさまの間で大ブレークしている。理由は、化粧にロングヘアの上杉謙信といったビジュアル面ばかりでなく、そのストイックでミステリアスな役柄作りにあるらしい。

中高年の女性から「ガクトー」「カッコイイ」

謙信役のGacktさんを紹介するNHKの「風林火山」公式ホームページ
謙信役のGacktさんを紹介するNHKの「風林火山」公式ホームページ

   新潟県上越市で2007年8月25日に行われた恒例の「謙信公祭」。Gacktさんが謙信公姿で初めて祭りに参加し、前年の4倍を超える過去最高の20万人余の人出を集めた。

「Gacktさんは、表への露出が少ない方なんだそうですね。だから、珍しいとファンが押し寄せたようです」

   同市観光企画課の担当者は、人出が増えた理由をこう説明した。

   出陣行列に加わったGacktさんは、甲冑姿で白馬にまたがって登場。武者姿の400人を引き連れて通りを練り歩き、沿道から「ガクトー」「カッコイイ」などと黄色い歓声が響いていた。ファンには、中高年の女性の姿も目立ったという。

   Gacktさん扮する謙信公は、濃い化粧をした顔にロングヘア姿と現代風の味付けがなされている。しかも、Gacktさん自身が、これまでの細身から筋骨隆々の姿へ「変身」しているのだ。それが、従来の謙信像でもないGacktさんでもない独特のオーラを発している。NHKの広報担当者は、「放送前は確かに、20~30代のガクトファンからの問い合わせが多くありました。ですが、始まってからは、40~60代の大河ドラマファンから『この謙信は誰か教えて』と来るようになりました。いつもの大河ドラマと雰囲気が違うものの、怪しげで妖艶な仕上がりに魅了されたようです」と話す。

   なぜこのような演出にしたかについては、「プロデューサーが、東京ドームで行われたGacktさんの公演の映像を見て、馬に乗って颯爽と駆け抜けるその姿にひらめいたと聞いています。今回は、時代考証的な判断には目をつぶって、ビジュアルな美しさ、かっこよさにこだわって、エンターテインメントにしました」と説明する。

自ら墓参りし、役になり切った「凄味」

   人気の理由は、ビジュアル面ばかりでなく、何を考えているか分からないGacktさんのミステリアスな役柄作りにもあるようだ。

   謙信役のGacktさんを特集した読売新聞の10月3日付夕刊記事で、Gacktさんは、毎朝3時間ぐらい筋トレをして約10キロ増量したとしたうえで、次のような一風変わった私生活を明かした。

「僕にとってはコシヒカリの古々米を炊いて1日置いて、その冷やご飯に酸っぱいキムチを載せて海苔(のり)を巻いたのが一番ぜいたくな食べ物。(中略)だけど、一番大好きな米を、もう8年間食べていないし、今は1日1食」

   こうした私生活は、メディアで何度も取り上げられ、ミステリアスな印象を増幅している。Gacktさん自身もそんな演出に気を配っているようで、自ら1540年7月4日生まれと称している。計算すれば、なんと467歳だ。読売の記事で、Gacktさんは独特の恋愛感をこう語る。

「僕は生まれてくる時代を間違えてしまったサムライみたいなものだから。『女は男の三歩後ろを歩くものだ』って言うと怒る女性がいるけど、これは『僕が前を歩いて君を守る』っていう男の決意、生き方なんだよ」

   同じサムライのせいか、Gacktさんの謙信への入れ込みはすごい。歴史書を耽読するばかりか、自ら墓参りしたり、謙信のイラストを書いたりしている。その入れ込みが、役になり切ったGacktさんの凄みになっているようだ。

「『神の化身だ』と言う謙信が、兜も着けずに鉄砲の弾を浴びながら小田原城まで歩いていくシーンがあるんです。それをGacktさんがやるとマッチするし、不思議と許せてしまうんです」(NHKの広報担当者)

   Gacktさんは、読売の記事で、女性への欲をすべて断ち切るなどした謙信のストイックな生き方を自らになぞらえて、こう言い切る。

「それを人は狂気って呼ぶんじゃないかな」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中