米ワーナー・ブラザーズ、次世代DVD「BD」に一本化

印刷

米映画会社のワーナー・ブラザーズは2008年1月4日、次世代DVDへのソフト供給について、ソニー・松下電器産業などが推進する「ブルーレイディスク(BD)」に一本化すると発表した。これまで同社は、「BD」と東芝などが推す規格「HD-DVD」の両規格で映画ソフトを供給してきたが、08年半ばからこの方針を変更する。米映画会社大手の路線変更で、次世代DVDの「規格争い」は「BD」陣営が有利な情勢になりそうだ。米国の複数の報道によれば、「HD-DVD」の普及団体は、ワーナー・ブラザーズのBD一本化の発表を受けて、2008年1月6日に予定していた記者会見を急きょキャンセルした。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中