プリンセス天功、中国から言葉のイリュージョン?

印刷

   「イリュージョニスト」プリンセス天功さんが、中国から現地でのコミュニケーションの基礎となる「ひとこと」のツボをブログで紹介した。2008年3月4日の更新だ。

   内容とは無関係だが、ブログは至る所に☆や音符、ハートマークが登場する。画面上ピクピク動いているマークも多い。

   さて、天功さんは「中国の子供は はずかしがりやさん~」とコミュニケーションの難しさを指摘した上で、日本でも有名な「ニーハオ」というあいさつ言葉について分析した。

   「あのね!『ニ~ハオ~』って発音するときは」「『ニアオ~』のほうが より近い発音とみたっ!」。「ニアオ」のうち「ア」の文字は一回り大きく、かつ青文字で目立つように表記されている。「ひとことレッスン~でしたっ」。

   天功先生、知人の中国人に「ニアオ~」と言ってみましたが理解してもらえませんでした。「ニーハオ」のつもりだと説明すると「何だ、ニーハオですか」と……。それでも何となく「ニアオ~」の方が「近い発音かもしれない」と思ってしまうのは、イリュージョンなんでしょうか。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中